Ulysses at Random

ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』をランダムに読んでいくブログです

第8章

88 (U140.740)

さて何を飲もうかな。と、時計を取り出した。 第88投。140べージ、740行目。 What will I take now? He drew his watch. Let me see now. Shandygaff? —Hello, Bloom, Nosey Flynn said from his nook. —Hello, Flynn. —How’s things? —Tiptop... Let me see…

70 (U139.666)

おや、骨まで。 『ユリシーズ』は100年前の今日、2月2日、パリのシェイクスピア・アンド・カンパニー書店から刊行されました。この記念の日に第70投を投擲。 第70投。139ページ、666行目。この小説らしい箇所に当たりました。 O! A bone! That last pagan k…

62 (U132.375)

スッ、チッ、チッ、チッ。三日もベッドで呻いて、 第62投。132ページ、375行目。 Sss. Dth, dth, dth! Three days imagine groaning on a bed with a vinegared handkerchief round her forehead, her belly swollen out. Phew! Dreadful simply! Child’s he…

58 (U124.28)

バトラーのモニュメントハウスの角から 第58投。124ページ、 28行目。 From Butler’s monument house corner he glanced along Bachelor’s walk. Dedalus’ daughter there still outside Dillon’s auctionrooms. Must be selling off some old furniture. Kn…

57 (U133.412)

巡査の一隊がカレッジ通りから単列縦隊で流れ出してきた。 第57投。133ページ、412行目。 A squad of constables debouched from College street, marching in Indian file. Goosestep. Foodheated faces, sweating helmets, patting their truncheons. Afte…

42 (U142.827)

―その筋のことには一切手を出しません。 第42投。142ページ、827行目。 —I wouldn’t do anything at all in that line, Davy Byrne said. It ruined many a man, the same horses. Vintners’ sweepstake. Licensed for the sale of beer, wine and spirits f…

3 (U139.700)

彼は入口に向かって後ずさりした。 第3投、139、700と出た。 He backed towards the door. Get a light snack in Davy Byrne’s. Stopgap. Keep me going. Had a good breakfast. —Roast and mashed here. —Pint of stout. 彼は入口に向かって後ずさりした。…