Ulysses at Random

ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』をランダムに読んでいくブログです

40 (U18.691)

バック・マリガンはブーツの紐をほどこうと腰をおろした。

第40投。18ページ、691行目。

 

Buck Mulligan sat down to unlace his boots. An elderly man shot up near the spur of rock a blowing red face. He scrambled up by the stones, water glistening on his pate and on its garland of grey hair, water rilling over his chest and paunch and spilling jets out of his black sagging loincloth.

 

バック・マリガンはブーツの紐をほどこうと腰をおろした。初老の男が岩の突端近くで赤い顔を突き出して息を吹いた。彼は石を伝ってよじ登る。はげ頭と白髪の花輪に光り輝く水、胸と太鼓腹を伝い、黒いたるんだ腰布から流れ出る。

 

 第1章。マーテロー塔に住むスティーヴィン、マリガン、ハインズは塔の近くのフォーティーフットという海水浴場へやってきた。

 

第1章はなんでもないような文章だが実に凝っている。

 

これだけの文章に夥しいLの響き。

 

Mulligan

unlace 

elderly 

blowing

scrambled 

glistening

garland

rilling

spilling

black

loincloth

 

フィネガンズ・ウェイク』のALPのL。ジョイスにとってLは水の流れと結びつく。

 

頭韻が意識的に用いられる。

 

shot ― spur  

rock ― red

scrambled ― stones

garland ― grey

spilling ― sagging

 

フォーティーフットは、ダブリン湾の南端にある岬で、歴史のある海水浴場。その語源は諸説ある。水深が40フィートだという説、道路の幅が40フィートだったという説、第四十歩兵連隊の駐屯地だったという説など。

 

泳いでいるのは誰なのか。

 

第1章の終わりにこういう一節がある。

“The priest’s grey nimbus in a niche where he dressed discreetly.”(U19.739)

 

この男はカトリックの司祭だった。はげた頭は剃髪。

 

第1章の水浴は、第5章の終わりのブルーム氏の入浴と照応する。

 

“He foresaw his pale body reclined in it at full, naked, in a womb of warmth, oiled by scented melting soap, softly laved. He saw his trunk and limbs riprippled over and sustained, buoyed lightly upward, lemonyellow: his navel, bud of flesh: and saw the dark tangled curls of his bush floating, floating hair of the stream around the limp father of thousands, a languid floating flower.”(U69.567)

 

f:id:ulysses0616:20210306212146j:plain

フォーティフット海水浴場(Fortyfoot)

 "Among Giants" by Gavin Kealy is licensed under CC BY-NC-SA 2.0

 

このブログの方法については☞こちら