Ulysses at Random

ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』をランダムに読んでいくブログです

42 (U142.827)

―その筋のことには一切手を出しません。

 

第42投。142ページ、827行目。

 

 —I wouldn’t do anything at all in that line, Davy Byrne said. It ruined many a man, the same horses.

 Vintners’ sweepstake. Licensed for the sale of beer, wine and spirits for consumption on the premises. Heads I win tails you lose.

 

 ―その筋のことには一切手を出しません。デイヴィー・バーンは言った。大ぜい身を崩しましたから、なんたって馬でね。

 酒販業者ステークス。酒類提供飲食店営業免許。表が出たら私の勝ち、裏が出たらきみの負け。

 

 

昼過ぎ、ブルーム氏は軽食をとりに、デイヴィー・バーンの店に入った。客のフリン氏が店の主人と会話している。

 

デイヴィ―・バーンは、このブログの第3回で言及したパブ。今日はアスコット競馬場金杯レースがあるのでフリン氏は主人に勝ち馬の情報を聞いた。初めの台詞は主人の答え。

 

wouldn’t do は「何があってもしない」というニュアンスを感じる。

the same は、「いつも、かわらず」 という意味だろう

 

2番目の文は、会話を聞いている、ブルーム氏の心中の声。

 

sweep stakeとは競馬の賞金形態。

 

レースに所有馬を出走させる馬主が賭け金 (stake) を出し合い、それを集めたもの を勝者に分配するという方法がステークス方式。勝者が賞金を総取り (sweep) するスウィープステークス (sweep stakes) が縮まってステークスになったとのこと。

 

Heads I win tails you lose の  heads はコインの表で、tails は裏。ほんとは裏ならきみの勝ちだが、引っかけになっている。英語の慣用句で、どっちに転んでも自分の勝ち、という意味になる。

 

店に入ったところで、ブルーム氏はデイヴィー・バーンはケチだと想起している。競馬なんかには手をださず、人に酒を飲ませてがっぽり儲けていると、からかっているのだと思う。

 

f:id:ulysses0616:20210403164128j:plain

デイヴィー・バーン(Davy Byrne)

"Davy Byrnes, the Moral Pub" by Antonia Hayes is licensed under CC BY-NC-ND 2.0

このブログの方法については☞こちら