Ulysses at Random

ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』をランダムに読んでいくブログです

このブログの方法

ジェイムズ・ジョイス(1882―1941)の小説『ユリシーズ』(1922)を読んでいこう。

 

初めから順番に読んでいくのは面白くないし、挫折するので、行き当たりばったりに読んでいきたい。

サイコロを振って出た目に進むように。そこで次のような方法を考えた。

  1. まずページを選ぶ。ガブラー版Ulysses: The Corrected Text. Ed. Hans Walter Gabler, Wolfhard Steppe and Claus Melchior. New York: Random House,1986.)をベースとする。小説の本文は3ページから644ぺージまであるので、Random.orgという乱数を生成するサイトを利用し、3から644の中からランダムに一つ選ぶ。562が出たら、562ページということ。

                                       

                         

  2. ページがきまったら、同サイトで乱数をまた一つ発生させ、行を選ぶ。
    たとえば、562ページの場合、667行めから702行めまでがあるので、667から702の中から一つ選ぶ。697が出たら、697行目ということ。(ガブラー版には章ごとに通しで行数が打ってある。)

          

          

  3. これでページと行が確定。567ページの697行目ということ。これを(U567.697)と表記することにする。その行を含む一節を選んで読んでいくことにする。



  4. このブログへの引用はProject Gutenbergのテクストからもってくる。訳は自分でつけてみる。

それではいってみよう!

Let us go then, you and I,

 

          f:id:ulysses0616:20201020205541j:plain

                                                          ユリシーズの海