Ulysses at Random

ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』をランダムに読んでいくブログです

68 (U454.3564)

ティーヴン:(ピアノラの椅子で、不愉快そうな身振りを示し)

第68投。454ページ、 3564行目

 

 

 STEPHEN: (At the pianola, making a gesture of abhorrence.) No bottles! What, eleven? A riddle!

 

 ZOE: (Lifting up her pettigown and folding a half sovereign into the top of her stocking.) Hard earned on the flat of my back.

 

 LYNCH: (Lifting Kitty from the table.) Come!

 

 KITTY: Wait. (She clutches the two crowns.)

 

 FLORRY: And me?

 

 LYNCH: Hoopla!

 

 (He lifts her, carries her and bumps her down on the sofa.)

 

 

 スティーヴン:(ピアノラの椅子で、不愉快そうな身振りを示し。)酒がないだと。11時だって。謎々だ。

 

 ゾーイ:(ペチガウンをまくり上げ、半ソヴリン硬貨をストッキングの端にはさむ。)骨身を惜しんで稼いだ金だよ。

 

 リンチ:(キティをテーブルから抱き上げようと。)おいでよ。

 

 キティ:待って。(二枚のクラウン硬貨をつかむ。)

 

 フロリー:私のは。

 

 リンチ:ほうれ。

 

 (彼はキティーを抱え上げ、ソファーへどすんと放り投げる。)

 

第15章。ベラ・コーエンの娼館の一室に、ゾーイ、キティ、フロリーの娼婦たち、ブルーム氏とスティーヴン、彼の友人のリンチ。

 

ピアノラ (pianola)は自動ピアノの商品名。アメリカの実業家、発明家、エドウィン・スコット・ヴォーティー(Edwin Scott Votey, 1856 - 1931)により1895年に開発され1898年米国エオリアン社から発売された。ペダルによる空気圧と譜面ロールにより作動するという。

 

小説の現在は1904年なので、当時としては最新の機器ということになる。

 

11時というのは、英国の法律で、11時以降酒を供することは禁止されていたから。

ティーヴンは、今朝学校の授業でだした謎々 riddle を思い出している。

 

 —This is the riddle, Stephen said:

        The cock crew,

        The sky was blue:

        The bells in heaven

        Were striking eleven.

        ’Tis time for this poor soul

        To go to heaven.

 (U22.102)

 

 

ペチガウン ”pettigown” というのが何なのか、調べても分からない。ペチコートとガウンの合成語だろうか。ガウンの意味はいろいろあるがここは寝間着とおもう。 

gown:  lingerie consisting of a loose dress designed to be worn in bed by women”

 

“be flat on one's back” というのは、起き上がれない様子をいう。

 

3人の娼婦たちは一人10シリングを請求し、スティーヴンは1ポンド紙幣(20シリングに相当)、半ソヴリン金貨1枚(計10シリングに相当)とクラウン銀貨2枚(計10シリングに相当)計40シリングを支払った。(のちにブルーム氏は10シリング取り戻す。)

 

ゾーイが半ソヴリンを1枚取り、キティがクラウン2枚をつかんだ。

 

ちなみに1904年の10シリングは現在の価値では40ポンド。ということは約6100円。

 

“Hoopla”とは「輪投げ」の意味。リンチはキティをソファーに放り投げた。

 

さて、この場面で注目すべきは「まくり上げ」。

 

ユリシーズ』には、ペチコートまたはスカートをまくり上げる動作が頻繁に現れる。

 

まず、第1章、婆さんがスティーヴンの住居に牛乳を運んできたとき、同居人のマリガンが戯れ歌を歌う。

 

—For old Mary Ann

She doesn’t care a damn.

But, hising up her petticoats...

(U18.384)

 

第3章。浜辺でのスティーヴンの思考。波打ち際でさっきのマリガンの戯れ歌を思い出す。

 

Under the upswelling tide he saw the writhing weeds lift languidly and sway reluctant arms, hising up their petticoats, in whispering water swaying and upturning coy silver fronds.

(U41.462)

 

第7章。新聞社を出たスティーヴンが編集長らに語る寓話。2人の老婆がネルソン塔にのぼってスカートをたくしあげる。

 

But it makes them giddy to look so they pull up their skirts...

・・・

 —And settle down on their striped petticoats, peering up at the statue of the onehandled adulterer.

(U121.1013)

 

第8章。ブルーム氏は、グッドウィン先生のコンサートの晩、突風が吹いて妻のモリーのスカートがまくれあがったことを思い出す。

 

Corner of Harcourt road remember that gust. Brrfoo! Blew up all her skirts and her boa nearly smothered old Goodwin.

(U128.193)

 

第9章。マリガンがスティーヴンに言う。カムデンホールでエリンの娘たちを演じる女性たちがスカートをまくり上げスティーヴンをまたいだエピソード。

 

 —O, the night in the Camden hall when the daughters of Erin had to lift their skirts to step over you as you lay in your mulberrycoloured, multicoloured, multitudinous vomit!

(U178.1192)

 

 

第15章の幻想場面。ブルーム氏の母、エレンが気付け薬を求め、スカートをたくし上げペチコートのなかのポーチをさがす。

 

 ELLEN BLOOM: ・・・O blessed Redeemer, what have they done to him! My smelling salts! (She hauls up a reef of skirt and ransacks the pouch of her striped blay petticoat. A phial, an Agnus Dei, a shrivelled potato and a celluloid doll fall out.) Sacred Heart of Mary, where were you at all at all? (U358.288)

 

おなじく第15章。娼館の場面。リンチがキティのスカートと白いペチコートをまくり上げる。

 

KITTY:・・・ (Lynch lifts up her skirt and white petticoat with the wand. She settles them down quickly.) Respect yourself. (She hiccups, then bends quickly her sailor hat under which her hair glows, red with henna.) O, excuse! 

(U410.2059)

 

第15章。女主人ベラが寝間着を少し摘み上げポーズをとる。

 

(Bella raises her gown slightly and, steadying her pose, lifts to the edge of a chair a plump buskined hoof and a full pastern, silksocked. Bloom, stifflegged, aging, bends over her hoof and with gentle fingers draws out and in her laces.)

(U431.2909)

 

第15章。ゾーイがスリップをまくり上げ太腿をスティーヴンに見せる。ゾーイはストッキングの端にプルーム氏から取り上げたジャガイモを取り出す。

 

 ZOE: Here. (She hauls up a reef of her slip, revealing her bare thigh, and unrolls the potato from the top of her stocking.) Those that hides knows where to find.

(U453.3524)

 

続いて今回の場面。 (U454.3564) ゾーイ―はストッキングに硬貨をしまい込む。

 

第15章。幻想場面。ダブリンが燃えて、逃げる人々。上流婦人がスカートをまくり上げる。

 

Society ladies lift their skirts above their heads to protect themselves.

(U488.4697)

 

第15章。フィッツジェラルド一族を研究している聖職者、ラヴ師がペチコートをまくり上げる。

 

 THE REVEREND MR HAINES LOVE: (Raises high behind the celebrant’s petticoat, revealing his grey bare hairy buttocks between which a carrot is stuck.) My body.

(U489.4705)

 

 

第18章。ブルーム氏の妻モリーの夢うつつの意識。ブルーム氏が自転車に乗る娘のスカートがまくれ上がるのに夢中になったこと想起する。

 

hes mad on the subject of drawers thats plain to be seen always skeezing at those brazenfaced things on the bicycles with their skirts blowing up to their navels

(U614.290)

 

 

第18章。モリーはブルーム氏からペチコートをまくり上げてくれとせがまれたことを想起する。

 

he had made me hungry to look at them and beseeched of me to lift the orange petticoat I had on with the sunray pleats

(U615308)

 

「まくり上げ」はスティーヴンにあっては老婆の行為と結びつき、ブルーム氏にあってはその嗜好と結びついている。

 

        f:id:ulysses0616:20220125220513j:plain


"Alla-pianola" by paola.natalia58 is licensed under CC BY-NC-ND 2.0

 

このブログの方法については☞こちら